ここで差がつく管理体制 ハワイコンドミニアム

ハワイのコンドミニアム暮らしで、日本と最も違いを感じるのは、ビル管理。管理費(高額)、そして管理サービスの手厚さです。物件によって、もちろん管理費に差はありますが、物件購入の際は、管理の状況について、地元の評判、できれば居住者の声を実際に聞くことをおススメします。

今回の新型コロナの際の対応も、管理体制の違いがハッキリでています。アラモアナ~カカアコのコンドでは、外出禁止令の発表前から、スタッフのマスク着用や清掃・消毒の徹底がされていました。しかし、あるコンドでは、外出禁止令後も「スタッフがまだマスクをしていない」と思ったら、次々と具合が悪くて、お休み、自宅勤務になっていました。

エレベーター、ドアノブ、手すり等、  毎日除菌作業がされています

プールやBBQプレースやテニスコートなどのアメニティが、今週から再開になってきていますが、その際に使用が始まる前と後に消毒を行っている所と行っていない所、これも対応に差が出ているようです。

安くない管理費ですので、有効に使われているかどうか、必ずお確かめになってください。物件価格の維持に影響を与えるのは、日本もアメリカも同じです。